おまとめローンで借り入れを一本化する際には、まずは金利をしっかりと見ておきましょう。

おまとめローンは金利が重要

安心のおまとめローンのために

増えてしまったキャッシングやクレジットの支払いを一本化するおまとめローンは、返済先を1社で済ます利点があるのはもちろんですが、それ以上に重要となるのが金利を下げることによる返済負担の低下です。

おまとめローンを利用する前と後で金利が変わらないと、返済先が1社に絞られるメリットしかありませんが、金利が下がるのであれば、利息負担の軽減、返済金額の縮小が期待出来るため、おまとめ前よりも楽な返済が出来るようになります。

当然のことではあるのですが、おまとめローンを選ぶ前の基本として知っておくべきです。また、金利がどの程度の軽減がされるのかを知るためにも、まずは今現在のキャッシングなどの金利を見ておき、いくらで借りているのかも予め確認をしておくようにしましょう。

おまとめローンのメインは銀行

低金利でおまとめローンを利用するなら、やはり銀行がメインとなります。消費者金融でもおまとめローンとしての利用が出来るところや、商品としてのおまとめ、借り換えローンを提供しているところはありますが、金利で比べれば銀行が勝っているのは言うまでもありません。

銀行なら限度額に応じて金利が下がる商品内容となっているため、借り入れ総額が大きな方ほど、有利な条件でのおまとめローン利用も可能となります。もちろん少額の利用においても、消費者金融で借りるよりも低金利となるので、銀行のおまとめローンなら金額問わずに安心して借りられます。

ただ、消費者金融の場合には借り入れが素早い大きなメリットがあるため、少額のおまとめ利用や少しの金額を借りたいときには大変便利です。おまとめローンの利用以外でカードローンの借り入れを考えている方は、頼れる大手の消費者金融から借りるために消費者金融情報サイトを見ておくと良いでしょう。

  • カードローンでおまとめ

銀行でまとめるとしても、借り入れる形はあくまでカードローンです。商品としておまとめローンを提供している銀行は少ないので、多くの銀行でカードローンで借りたお金でおまとめを行うといった使い方となります。

  • 返済がしやすく便利で安心

カードローンの契約でおまとめローンとして利用をするため、返済は通常のカードローンと同様に行えます。対応する提携ATMで返済、または借り入れができ、銀行によっては手数料が無料となるので、安心して使えます。

一部の銀行で提供をするおまとめ専用のローンは、専用と聞けば低金利で好条件で借りられるイメージがありますが、実際には他の銀行カードローンと金利面では変わらない、またはカードローンによっては更に低金利となる場合もあります。

おまとめローンを正しく使っていくために、イメージだけで選ぶのではなく、しっかりと各金融機関の金利を含めた商品内容を確認し、求める条件に一致するおまとめローンの利用をしましょう。

人気の注目おまとめローン

第0位

オリックス銀行カードローン

おまとめ対応で来店も口座開設も不要の、安心が出来る銀行カードローンです。

金利限度額審査時間所得証明
年3.0%~17.8%最高800万円最短即日300万円まで不要
ぱっと見ると金利が高く見えますが、オリックス銀行カードローンは限度額によって金利が細かく設定されているので、100万円を超えてくる限度額設定となれば、低金利での借り入れも可能です。100万円コースで年9.0%~14.8%、200万円・300万円コースで年6.0%~12.8%、400万円・500万円コースとなると年4.5%~8.8%となるため、十分な低金利でのおまとめローンとしての利用が可能です。
オリックス銀行カードローン
第0位

ソニー銀行のカードローン

金利で選ぶならまずはチェックをしておきたい、上限も下限も低金利が魅力の商品です。

金利限度額審査時間所得証明
年2.5%~13.8%最高800万円最短60分300万円まで不要
金利が上限でも年13.8%と、低い利率の設定で頼れるカードローンです。おまとめにも借り換えにも対応をしており、審査回答は最短60分と早い手続きが期待出来るのも良い点です。大きな枠での借り入れとなる場合が多いおまとめローンとしての利用においては、200万円で年8.0%、300万円で年6.0%、400万円で年5.0%となる低金利のソニー銀行のカードローンは、適した借り入れ先と言えるでしょう。
ソニー銀行のカードローン

おまとめローン申し込み前に

おまとめローンは誰もが審査に通るわけではなく、通常のキャッシングやカードローンの審査と同様に、基準に満たなければ審査に通らない、おまとめの利用が出来ない場合もあります。

基準は各金融機関によって異なるため、細かい部分については明らかではありませんが、どこでも共通する注意点がありますので、以下を確認し、無駄な申し込みとならないように気をつけてください。

NGとなるおまとめローンの申し込み

  • 年収が低すぎる方のおまとめ利用
  • 勤務先や他社利用状況の虚偽の記載
  • 借り入れ合計額から見て多すぎる希望額
  • いくつもの金融機関に同時に申し込みを行う
  • 返済が出来ていない方のおまとめローン審査

※これらはあくまで傾向であるため、全てに該当をしないからといって、必ずしもおまとめローン審査に通るわけではありません。

おまとめローンの注意点

おまとめローンはある程度の枠での貸付を行うため、それなりの年収が必要となります。安定した所得を得ているのは言うまでもない最低限の条件で、アルバイトやパートによる収入のみの方では、おまとめローンの審査は厳しくなってしまいます。

年収が十分な額であるとしても、申し込みの進め方によっては同じく審査では厳しくなる場合があります。申し込みの際に他社の利用状況を少なく入力をする、おまとめ目的のはずが借り入れ合計額よりも遥かに高い希望額を選択する、多くの金融機関に同時に申し込みをするなど、どれもおまとめローンの審査では大きく不利となる可能性があります。

また、おまとめローンは他社の利用状況から今後の返済能力を判断するため、現状での返済が遅れている、不足入金がされている場合には、どこの金融機関もまず貸付は行いません。あくまで正常な返済が出来ている方のみが利用対象となるので、返済状況も申し込み前に確認をしておきましょう。

  • 信用情報機関に記録される情報

おまとめローン審査でも確認がされる信用情報機関の情報には、各社の申し込み履歴が記録されています。正確には情報を参照した履歴、照会履歴となり、その他にもCICには直近2年間に渡る月々の返済状況なども記録されているので、申し込みや返済に関する情報はどこで審査を受けるとしても筒抜けと考えておいてください。

同時申し込みはなんでダメなの?
何社も審査を受けた方が効率的でしょ?
短期間で複数の金融機関に申し込みを行っている履歴があると、審査を行う側としては大きく警戒をしてしまいます。何社も同時期に申し込みをするほど困っている、おまとめでその場しのぎをしないと今の返済が出来ない、今後の返済にも疑問符が付くと判断され、おまとめローンとしてのカードローン審査には通らないのです。

多重申し込みの危険性やリスク

おまとめローンの利用を焦るばっかりに、何社も同時に審査を受けてしまう方がいます。おまとめローンの利用申し込みは、必ずしも希望額が全額融資がされるとは限らず、審査結果によっては一部のおまとめに留まる枠での融資となる場合もあります。

限度額の大きさはもちろん、限度額によって金利が変わるため、何社も審査を同時に受け、最も好条件を出してくれる銀行のカードローンでおまとめローンを利用する、と考える方がいるのです。

カードローンとは関係のない、何らかの見積もりなどを取るのであれば有効な方法ですが、おまとめローンとしての利用、通常のカードローンとしての利用を問わず、借り入れの際の審査では大きく間違った方法となります。

慎重に1社だけに申し込みをすれば、十分な枠で審査に通る可能性のある方も、何社も同時に審査を受けることによって、希望額が出なくなったり審査自体に通らなくなってしまう場合もあるのです。

おまとめ対応ローンの一覧

おまとめローンを利用するのであれば、対応するカードローンやおまとめとして使える借り入れを比較しておくのも良いでしょう。並べてみれば金利も分かりやすいですが、銀行の場合には限度額によって金利が変わるので、単純に上限金利だけを見ると失敗をする可能性があります。

気になるおまとめ対応のカードローンがあれば、公式サイト上でそれぞれの限度額に対応する金利を確認し、おまとめ希望額での金利で比較をするようにしましょう。

借り入れ先 金利
(年利)
限度額
極度額
特徴
ポイント
オリックス銀行
カードローン
年3.0%~
17.8%
最高800万円 全国に設置の提携ATMで、利用手数料が終日無料でお得。
ソニー銀行の
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 100万円の限度額でも金利は年9.8%と、とにかく低金利。
イオン銀行
カードローン
年3.8%~
13.8%
最高800万円 平日14時までの申し込みなら、審査回答は原則最短即日。
モビット 実質年率4.8%~
18.0%
1~500万円 消費者金融でのおまとめで人気の、手軽で早い借り入れ。

モビットを含む上記のカードローンには、商品としてのおまとめローンの用意はありません。借りたお金でおまとめとしての利用が認められているので、カードローンでのおまとめローン利用となります。

最も低い金利で借りるなら
低金利のおまとめローン

限度額に応じて金利が変わるおまとめローンも、全体を見て最も低い利率の適用となっているのは、ソニー銀行のカードローンです。一部の限度額においてはイオン銀行カードローンの極度額に応じた金利に劣る部分はありますが、全体として見れば優れたソニー銀行のカードローンが金利面で優れています。

審査回答時間の早さや来店不要の手続き、手数料が条件付きで無料となるATM利用など、カードローンとしての利便性も良い商品となっているので、スペックでおまとめローンを選ぶのであれば、ソニー銀行のカードローンから見ておくのも良いです。

ただ、他のカードローンも限度額や極度額次第では十分な低金利となり、おまとめ前の借り入れが消費者金融の上限金利ばかりであるといった方なら、おまとめローンによる金利の大幅な低下も期待できます。

どこで借りるか、どのおまとめローンを使うかをよく考え、希望内容にあったおまとめローンの申し込みを進めてください。ただ、繰り返しになりますが、あれこれ気になるからと複数の申し込みだけはしないようにしましょう。

おまとめローンはどんなに好条件でも、借りられなければ意味がありません。自身の状況を考え、審査に通る見込みがあるおまとめローンを選ぶのも、良い選択方法と言えるのです。

更新情報

2016-03-28:しののめ信用金庫のカードローンを更新しました。

2016-03-28:北群馬信用金庫のカードローンを更新しました。

2016-03-26:館林信用金庫のカードローンを更新しました。

2016-03-26:利根郡信用金庫のカードローンを更新しました。

2016-03-24:アイオー信用金庫のカードローンを更新しました。

2016-03-24:桐生信用金庫のカードローンを更新しました。

2016-03-24:高崎信用金庫のカードローンを更新しました。

2016-03-24:群馬県の信用金庫でお金を借りるを更新しました。

2016-03-23:烏山信用金庫のカードローンを更新しました。

2016-03-21:大田原信用金庫のカードローンを更新しました。

2016-03-21:佐野信用金庫のカードローンを更新しました。

2016-03-21:鹿沼相互信用金庫のカードローンを更新しました。

トップへ戻る