おまとめローンで借り入れを一本化する際には、まずは金利をしっかりと見ておきましょう。

おまとめローンの必要書類

おまとめローンの申し込みは、今ではどのカードローンサービスでも大体はネットで進められるようになっています。信用金庫のカードローンを利用しておまとめとする際や、消費者金融の商品としてのおまとめローンを利用する際には、申し込みは窓口のみとなる場合もありますが、有名な銀行であればネット申し込みで問題ありません。

手軽な手続きでおまとめローンの申し込みが出来るようになっていますが、気になるのは必要となる書類です。申し込み自体は手軽でも必要書類が多く面倒だと、何かと時間もかかってしまいます。借りる金融機関によっても異なりますが、大雑把に必要となる書類について確認をしておきましょう。

基本となる本人確認書類

どのおまとめローンでも、必ず必要となるのが本人確認書類です。免許証を提出する方が多いですが、交付を受けていない場合には保険証、パスポートなどでも受け付けてくれます。ただ、免許証以外の場合には借り入れ先によっては別の書類が必要としているところもあるので、詳しくは利用先のウェブサイト上で確認をしてください。

また、引っ越しによって現住所と確認書類の住所が異なる場合には、公共料金の領収書などが必要となります。請求書ではなく領収書で、携帯電話の料金は不可とするところがほとんどですのでご注意ください。

収入を証明する書類

おまとめローンは大きな金額での借り入れとなるので、収入を証明する書類を必要とする場合も多いです。しかし、最近では銀行のカードローンは「希望額300万円までは収入証明が不要」ともしているため、大きな金額のおまとめでなければ、不要となります。

ただ、金融機関や借り入れ先によっては金額問わずに必要としているので、収入証明がすぐに用意が出来ない方、提出をするのが何か面倒と感じる方は、一定額まで収入証明書類が不要のカードローンでおまとめローンを利用すると良いでしょう。

書類の提出方法を確認する

上記の本人確認書類や収入を証明する書類は、提出方法が借り入れ先によって異なる点にも注意が必要です。コピーをとって郵送をする、FAXで送れる、携帯電話のカメラやスキャナで読み取った画像化したものをWeb上での提出が出来るなど、手続きの進め方は様々です。

郵送やFAXは面倒と感じる方は、ネット上でのアップロードで提出が可能なおまとめローンの利用を考えておくと、手間なく手続きが進められるようになります。

トップへ戻る